不動産鑑定士リスト

トップページ登録不動産鑑定士一覧神奈川県>(有)岩渕不動産鑑定士事務所/岩渕 隆(いわぶち たかし)

岩渕不動産鑑定士事務所 の <報酬規定はこちら> <お問合わせはこちら
岩渕 隆
この不動産鑑定士に質問・相談・依頼をする横浜を代表する業務商業地、関内に事務所を構えていらっしゃいます。
市営地下鉄ブルーンラインと地下で連絡するする構造のビルで、
利便性のとても良い立地です。
担当者からのコメントはこちら 付近には、横浜市役所をはじめ神奈川県庁などの官庁街、
馬車道や伊勢佐木モールなどの歴史ある商店街、
少し足を延ばせば、観光スポットとして有名な横浜中華街、山下公園も所在しています。
◆ まず、自己紹介と不動産鑑定士になられたきっかけについてお話下さい。
  大学時代にウインドサーフィンを始めたのがきっかけで、海に係わりのある仕事をしたくて、「逗子マリーナ」に勤務しました。
  仕事も順調で特に不満もなかったのですが、上司に不動産鑑定士の資格を持っている方がいらっしゃって、触発されたのでしょう、不動産の仕事に関する資格をとりたいと何となく思ったのです。ちょうどバブル経済の真っ盛りのころでした。
  まず宅建にチャレンジし、合格した勢いに乗って不動産鑑定士の資格へと意気込んだのですが、これは、宅建と比較して質的・量的にずい分違うことに大きな衝撃を受けました。
  その後、不動産鑑定事務所に転職をし、働きながらこつこつと地道に勉強を続ける日々が続きました。長い道のりでしたが、結果として、不動産鑑定士として活躍する場所を得られたことについて、多くの人に感謝しています
  現在、週に一度、千葉県浦安市にある明海大学で、不動産鑑定士の卵である実務修習生の指導鑑定士をしております。週に一度とはいえ時間を割くのは大変ですが、修習生は様々な分野の職種経験をお持ちで、年齢層の幅も広く、逆に教わることも多くあります。
◆得意な分野についてお話下さい。
  公共機関からの仕事が大半を占めていますから、更地としての鑑定評価が多いですね。民間からのご依頼は、都市部のビル等、複合不動産の鑑定評価が多いです。
  地代(継続地代の評価)等の、いわゆる権利物の鑑定評価については得意とするところです。
◆お仕事の喜び、不動産鑑定士になって良かった思う瞬間についてお話下さい。
岩渕不動産鑑定士事務所
  不動産の鑑定評価は大変地道な地味な仕事ですから、喜びと言われても難しいのですが、不動産鑑定評価を通して、ご依頼者のお役に立てた時はやはり喜びを感じますね。
  特に底地や借地権などの評価で、自分の評価した価格で売買がうまく成立した時、私の鑑定評価書を用いて「交渉がスムーズにいった」とご依頼者をはじめ契約当事者の方から謝意を述べられた時には、やはり喜びを感じますね。
  また、複雑な権利が絡まった難しい鑑定評価を成し遂げた時には、爽快感と充実感を覚えます。
◆不動産鑑定士という仕事へのこだわりや今後の展望についてお話下さい。
岩渕 隆
  まず、依頼者の意見(考え方を)を良く聞くことが重要だと思います。よく聞いた上で依頼内容を整理し評価をする。当たり前のようなことですが、この部分を疎かにすると依頼者にとって全く役に立たない評価になってしまいます。
  依頼内容や依頼者の考えを聞いたうえで、依頼者にとって鑑定評価を行うことが不必要だったり、メリットが少なかったりする場合には、鑑定評価の受付の段階でご依頼を謝絶することも不動産鑑定士には必要だと思います。
  評価にあたっては、生きた情報を得ることに特別に力をいれています。不動産市場が現在どのような動きになっているかを耐えずリアルタイムで把握していることは、この仕事をする上でとても重要です。
  不動産鑑定士は、アンケート業務を通じて過去に取引があった物件について取引事例としてデーターベース化していますが、概ね6ヶ月以上前の取引が多く、即時性が無いという欠点があります。
  不動産の価格は常に刻々と変化しています。そのため、動態的に市場を把握していかなければ、的確な評価は難しいということをお分かり頂きたいと思います。
  情報を得る方法のひとつとして、多方面の専門家と連携を深めるということも重要です。
  私の場合、宅建業者さんと連携を図っています。宅建業者といっても幅広い業種があって、例えば、工場や物流施設の仲介を専門としている業者さんもいれば、底地や借地権を専門に買い取る業務を展開している業者さんもいます。特殊な業務に特化して取り組んでいる業者さんから意見を聴取することは、生きている情報を手に入れることに繋がります。
  また、いわゆる士業と言われる先生方との連携も築いています。現在の事務所は会計士事務所とシェアしており、法人の評価などにおいては協力し合う場合もあります。
  例えば、税理士さんが相続税の還付請求などの業務を行う際、不動産鑑定士として不動産価格の再評価を行うという役割を担っています。弁護士さんからは、財産分与に係わる不動産について評価依頼を受けることが多いですね。
  世の中が複雑になるにつれて、一つの専門的知識を持っているだけでは、多様な案件に対処できなくなる。それは不動産鑑定士に限ったことではなく、士業に携わる先生それぞれが思い当たることだと思うのです。
  だから、お互いに緊密に連携することは、これから先、ますます重要となるのではないかと思うのです。
  不動産は情報ビジネスであり、常に新しい情報をストックすることは不動産業界では生命線になっています。不動産の鑑定評価においても同じで、生きた情報が鑑定評価の精度を左右するといっても差し支えないと思います。
  今後の展望については、不動産鑑定士が持てる知識を鑑定評価業務のみではなく、不動産に係る相談やコンサルにも生かし、不動産のプロフェッショナルとして役に立てるようになりたいと思っています。
◆特別にご精通していらっしゃる地域がございましたらお教えください。
  デューデリの仕事を中心として、実績的には北海道から九州各県まで評価を行ってきましたが、やはり基本的には神奈川県内、特に横浜中心部、平塚、茅ヶ崎等の湘南地区が精通している地域といえるでしょうね。
◆鑑定評価、簡易鑑定、その他のサービスについての報酬額についてお聞かせください。
岩渕 隆
  報酬額については、基本的に報酬基準に従っています。

  従いまして、最低報酬額は¥190,050~ですが、不動産は千差万別ですので一律的に「幾ら」というのは難しいです。メール等でお問い合せ頂けましたら、丁寧に見積もりさせて頂きます。
  鑑定評価以外の調査については、用途により異なりますが、¥100,000~となります。
◆ご趣味や日ごろの楽しみについてお話しください。
  学生時代からやっていたマリンスポーツは今も続けています。さすがにウインドサーフィンはしませんが(笑)…。
  今では、週末に友人とヨットに乗るのが楽しみです。泊りがけの時は伊豆方面へも遠征します。
岩渕 隆
  落ち着いた雰囲気で、第一印象は寡黙なイメージを受けますが、先生のとびきりの笑顔には心が和み、思わずつられて盛り上がってしまいます。
  とりとめのない雑談の間でも、相手の目を見てじっと真剣に話に耳を傾けてくださり、真面目な先生のお人柄が伝わってきます。
  刻々と流動的に変化する情報を、最先端で絶え間なく追い続ける作業は、終わりのない膨大な作業ですが、日々、地道に取り組んでらっしゃる先生のご努力には、頭の下がる思いがいたします。
  大量にあふれかえる情報の中から必要な情報を選び出し、ひとつの流れや方向性や見極めるためには、分析力や長年の経験も必要です。 ひとつの鑑定評価書の裏には、リアルタイムでとらえた多くの情報が反映されているということがよく理解できました。
>>神奈川県の不動産鑑定士リストに戻る
>>登録不動産鑑定士一覧に戻る
>>不動産鑑定士の皆様へのメッセージはこちら

【(有)岩渕不動産鑑定士事務所/岩渕 隆 連絡先】
  ■所在地    神奈川県横浜市中区尾上町4-57
          横浜尾上町ビル4階     〒231-0015
  ■TEL    045-222-8332
  ■FAX    045-222-8677
  ■ホームページ http://www.iwabuchi-kantei.co.jp/
この不動産鑑定士に質問・相談・依頼をする※登録鑑定士にお電話やFAX、他のサイト
  からご連絡される場合には、はじめに
 「不動産鑑定士リストを見ました
  と必ずお伝えください。鑑定料金など
 「不動産鑑定士リスト」だけ特別に割引している場合があります。
トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る