不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.068

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.068
●相談者:トマトさん(千葉県)件名:位置指定道路の評価格は?

自宅横の私道(位置指定道路に指定されている袋小路の道)の何割かが亡くなった父名義でした。兄弟がいるため遺産分割になりますが、その道に接しているのは兄弟の中では私だけで他は他人(それぞれ持ち分を持っている)です。自宅は公道にも接しているので問題はありませんが私名義にするのが一番いいかと思い、兄弟には固定資産評価格(実際には非課税)で相応の金額を払おうと思いますが、基準はその価格でいいのでしょうか?不動産鑑定士にお願いするともっと高くなりますか?

★不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】からの回答

伊矢野 忠寿ご相談ありがとうございます。

単刀直入にいうと、固定資産税評価額は、あくまでも課税のための基準なので、時価とは異なります。
ですから、不動産鑑定士に評価を依頼すると異なる価格が出てきます。
私以外の鑑定士も回答すると思いますが、固定資産税評価額は時価の70%の水準となっていますので、特に大きな補正要因が無い限り、固定資産税評価額より鑑定評価額の方が高くなると思われます。

実務的な話をしますと、私道の持分の評価ということですので、多分評価額は小さいと推定されます。
そうすると、評価額よりも鑑定報酬の方が高い、なんてこともあるかもしれません。
対税務署にしても、チェックされるのは、時価と取引金額の乖離の部分ですから、それも目くじらを立てるような金額にはならないでしょう。
ですから、固定資産税評価額で売買をしても問題は無いとおもいます。

どうしても気になるようであれば、お近くの不動産鑑定士にご相談ください。
千葉県の不動産鑑定士はリストのメンバーにもいますよ。

>>不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.068に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る