不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.078

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.078
●相談者:かもめさん(栃木県)件名:土地選び(続き)

伊矢野 様
ご回答、有難うございます。一部、評価に関する質問について、こちらの質問の仕方が悪く、本来聞きたいことが聞けなかったため、再度質問させて下さい。お手数をお掛けしますことをご了承下さい。
伺いたかったのは、この土地の購入を検討するにあたって、橋が架かっていないこのような土地の評価をどのように行えばよいか(=土地の評価をどのように計算すればよいか)知りたいです。詳細な方法の他に、簡便な計算方法があれば両方教えて頂ければ助かります。計算式などで教えて頂けるとありがたいです。
土地の状況としては、前回の質問(相談No.077)の通り、現在この用水路には橋が架かっていません。なお、国税庁のホームページにある相続財産、贈与財産の評価は参考までに見たに過ぎません。土地は、宅地として考えています。宜しくお願いします。

★不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】からの回答

伊矢野 忠寿このような土地の評価の考え方は、普通に道路に面する土地と同じ価格を一度算出して、
そこから橋を架けるための費用(工事費等)を控除して、更に心理的な減価を施して求めます。

詳細な方法と、簡便な方法との違いは、更地価格を算出するまでの過程です。
極端な例で言えば、鑑定評価基準に則って評価するのか、達観でやるのかということです。
橋を架ける費用は現地調査をしなければわかりません。
心理的な減価も、地域分析をした上で、必要かどうかも含めて判断します。

後は具体的にどうするかですが、それは個別対応となります。

>>不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.078に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る