不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.118

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.118
●相談者:さんささん(岩手県)件名:建物の鑑定評価

昭和47年に建築した家に、平成5年に1000万円掛けて増築しました。現在の建物の鑑定評価(価値)を知りたいのですが、如何でしょうか?

★不動産鑑定士【守田 実】からの回答

守田 実横浜不動産鑑定の守田と申します。宜しくお願いします。

まず、昭和47年に建築した部分の構造躯体(基礎、土台、壁、柱、屋根)は、経済的な耐用年数を超過していますので、使用価値を有するものの、市場での交換価値はゼロとなると思います。

次に、平成5年に増築した部分につきましては、その構造種別(木造なのか、鉄骨造なのか、鉄筋コンクリート造なのか)は分かりませんが、図面を基に現地視察をした上で、市場価値があるか否かの判断となると思います。

仮に当該増築部分が単独として市場価値があるとした場合には、当該増築部分の再調達に要する建築工事費から、月日が経過したことによる物理的、機能的な減価分を控除して、当該増築部分の現在価値を求め、さらに、昭和47年新築の建物と増築部分一体としての市場性の減価を考慮して求めることとなります。

一体としての市場性の減価とは、増築部分が如何に素晴らしい建物であったとしても、かなり古い建物がくっついているため、買う人(住宅購入者)が少ないという事に相応する減価分です。

本件増築部分が木造の場合で、普通の住宅である場合には、おそらく市場的にみれば、価格はゼロ又はゼロに近いと判断することになろうかと思います

>>不動産鑑定士【守田 実】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.118に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る