不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.120

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.120
●相談者:パンダさん(愛知県)件名:孤独死マンションの評価

昨年12月に、父の死亡により中古マンションを相続しました。地下鉄、JR駅からも近く、また住環境もいいのですが、築40年、内装設備も古く、不動産業者の方の査定では、現状有姿で800万円です。不動産業者の方の査定の時点では、告知していなかったのですが、病死で死後一週間で発見された、いわゆる孤独死です。12月だったためか、腐敗や異臭は、ほとんどありませんでした。売却を予定しています。査定額が標準的な価格とすると、概ねいくら位の減額が見込まれるでしょうか。もっと子細な条件がわからないと回答がむつかしいのでしょうが、アバウトでも結構です。よろしくお願い申し上げます。

★不動産鑑定士【守田 実】からの回答

守田 実自然死で1週間経過した物件で、異臭・腐敗もない場合については、
判断が難しいのですが、すくなくとも不動産仲介業者には告知することでしょうね。
あとは不動産仲介業者がうまく立ち振る舞うはずです。
仲介業者に告知していなければ、万が一、買主が後で気づいて問題にした場合には、
すべてあなたの責任となりかねませんから。

通常は少なくとも「物件状況報告書」への記載。
堅い業者だと、場合によっては「重要事項説明書」への記載が必要と言うでしょう。

減価につきましては、非常に難しいですね。

いわゆる心理的瑕疵(しかも、それがあるかどうかの微妙なケースです)ですから、何とも申し上げることが難しいのですが、気にする人ならば、値引きという範囲で価格交渉があるかもしれません。

>>不動産鑑定士【守田 実】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.120に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る