不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.124

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.124
●相談者:らっきょうさん(富山県)件名:古屋付き土地の古屋の修理費用

築80年位の古屋付き土地を家屋解体費用を差し引き、家屋ゼロ評価で売却しました。契約前にはお互いに気がつかなかった個所に雨漏り(その他の雨漏り部分等はお互いに確認済み)がするので、修理費用を負担して欲しい。と言われました。負担すべきなのでしょうか?解体費用を差し引き、建物ゼロ評価で売却しているのだから、負担しなくても良いと思うのですが。

★不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】からの回答

伊矢野 忠寿ご相談いただきありがとうございます。

文面だけ読むと、まさにその通りという感じがします。

しかしトラブルになった場合、契約時にどのような合意があったのかが焦点になります。

解体費用まで差し引いたのであれば、買主のほうは今後建物を使う予定がないという前提なので、
修繕費を払うのであれば、解体費用分は戻してもらうのが道理でしょう。

ただし契約書では、瑕疵担保責任についてどのようになっていますか?
それ次第で話が変わってくると思われます。

>>不動産鑑定士【伊矢野 忠寿】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.124に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る