不動産鑑定士リスト

トップページ不動産鑑定士が答える不動産の無料相談>相談No.127

不動産鑑定士が答える不動産の無料相談

【皆様からのご相談内容と不動産鑑定士の回答】

相談No.127
●相談者:ごんべえさん(埼玉県)件名:都市ガスからプロパンに変えた場合の土地の評価

現在都市ガスが供給されているのですが、ガス管が隣地を通っているためプロパンに変更を検討しています。その場合、土地、家屋の評価に影響あるのでしょうか?なお隣地を通らずに都市ガスを通す場合は本管を延伸しなければならないためかなりの費用が掛かります。回答よろしくお願いします。

★不動産鑑定士【守田 実】からの回答

守田 実質延伸にかかる費用が、プロパン変更への土地減価額より大きいのであれば、
プロパンへの変更は妥当性があります。

本件におきましては、延伸に要する費用が過大であるところ、
プロパンに変更する土地減価は、仮に減価すると判断する評価人がいても、その減価は
僅かなものと判断されますので、プロパンへの変更は妥当だと考えます。

むしろ、本件におきましては、ガス管が隣地を通っている現状の方が問題であると思います。

仮に、この土地・建物を売りに出した場合を想定すると、買う人は不動産業者の説明などで、隣地にガス供給管が通っている実態を知った際には、隣地所有者とのイザコザを回避したいと考える方もいるでしょう。

現状維持の方が需要の減価としては大きなものとなると考えます。

>>不動産鑑定士【守田 実】のページはこちら

無料相談のバックナンバー一覧のNo.127に戻る

無料相談の冒頭に戻る

このページの先頭に戻る

トップページ当サイトのご利用方法登録不動産鑑定士一覧損をしない不動産鑑定士の依頼方法
鑑定士が答える不動産の無料相談不動産鑑定士のコラム掲載を希望される不動産鑑定士の皆様へ
サイト運営会社のご案内不動産鑑定士リンク集Q&Aサイトマップ
不動産鑑定士List
▲このページの先頭に戻る